ペットフードの種類(目的別)

ペットフードの種類(目的別)

■総合栄養食

「総合栄養食」とは、犬または猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、このペットフードと水だけで、指定された成長段階における健康を維持できるような栄養素的にバランスのとれた製品を言います。

「ペットフード公正取引協議会」の定める試験の結果を基に定められております。

■間食

「間食」は本来、栄養素補給としては必要ないのですが、ペットのしつけや運動、ご褒美として与えるなど、限られた量を与えることを意図して作られているペットフードです。

与えられる限度量は、原則として、1日当たりのエネルギー所要量の20%以内に抑えることが求められています。

■その他の目的食

「総合栄養食」及び「間食」のいずれにも該当せず、特定の栄養の調整又はカロリーの補給、あるいは、嗜好性増進などの目的を満たすものやペットフード又は食材とともに与えられることを意図したものを言います。

使用の目的に応じ、副食・おかずタイプ(嗜好増進等の目的で与えるペットフード)、栄養補助食(特定の栄養の調整やカロリーの補給などを目的としたペットフード)、特別療法食(特定の疾患・疾病等に対し、食事療法として使用されることを意図して作られたペットフード)に分かれております。

ドッグフードblank

キヤットフードblank

 

サイトマップ