肝機能を改善する方法は?

肝機能を改善する方法は?

肝臓の炎症が繰り返し起こり、線維化した組織が元通りになるのはかなり困難なことです。

しかし、適切な治療を行うことによって、それ以上、機能が低下するのを防ぐことができます。

病状が進行している場合やウイルス性肝炎の場合は、専門医の指示に従って適切な治療を受けましょう。

健康診断などで、肝機能の異常が指摘された場合は、すぐに、病院で診断を受けて、原因を特定することが大切です。

日常生活において肝機能を適切に保つためには、タンパク質やビタミンの補給を心掛ける、油脂類の食品の過剰摂取に注意する、アルコールの量を減らして、肝臓を労わりましょう。

特に、アルコールが原因で肝機能に異常がみられる場合は、アルコールの量を減らす、休肝日をもうける、禁酒をするなど、肝臓の負担を軽減することで、機能が回復することもあります。

同時に。1日30分のウォーキングなど軽い運動を取り入れると、筋肉量の維持やダイエットにも効果的です。

筋肉は肝臓と同様、エネルギー産生機能やアンモニアの解毒作用を持っておりますので、筋肉量を維持することによって肝臓への負担を減らし、機能改善をサポートすることができます。

また、肝臓に溜まった脂肪酸は、運動を行う際の直接的なエネルギー源となるため、ダイエットは脂肪肝の改善にも繋がります。

脂肪肝は、狭心症や心筋梗塞など心疾患が起こるリスクになり、血糖値を低下させるインスリン抵抗性が生じやすくします。

インスリン抵抗性が高くなると、肥満体質になって、生活習慣病へのリスクも高まります。

肝脂肪は、肝臓の病気には直接つながりませんが、改善に取り組むことも重要なのです。

 

サイトマップ