肝臓に良いとされる栄養素

肝臓に良いとされる栄養素

オルニチンは肝臓の働きをサポートします。タウリンは、胆汁の分泌を促したり、肝細胞の再生を高めたりして肝臓の負担を軽減します。

スルフォラファンは、1日30mgの摂取で、肝臓の解毒作用や炎症を抑える作用を高め、肝臓の機能を改善します。

亜鉛は、タンパク質を合成する際に必要な栄養素で、不足すると、肝臓がタンパク質を代謝する働きが悪くなってしまいます。

タンパク質の合成が上手くいかなくなると、新しい細胞を作る力も下がってしまうため、適切に摂取することが重要です。

また、肝臓の機能が低下すると、ビタミンを貯蔵する能力が落ちてしまうため、ビタミンA、B群、C、Eは、適切に補給する必要があります。

ただし、ビタミンCは摂りすぎ注意が必要です。

ビタミンCは、一度肝臓を通って代謝されるため、サプリなどで1回に1,000mgなど大量に補給すると、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

適切に補給すれば、免疫力アップや肌の健康維持などに効果的なことから、大量に補給しないように食事から補給するようにしましょう。

サプリから摂取する場合は、1回あたりの量は多くても1日当たりの摂取目安である100mg前後にしましょう。

「ウコン」や「しじみ」エキスは、二日酔いの予防・対処法としてよく知られておりますが、その効果は科学的に実証されているわけではありません。

むしろ、鉄分を多く含む「ウコン」や「しじみ」エキスは、過剰に摂取すると肝臓を老化させてしまう恐れがあります。

このため、二日酔いの万能薬ではありませんし、摂取量によっては、肝臓の機能低下に繋がりかねないことを忘れないようにしましょう。

それでも、科学的に実証されていないとはいえ、「ウコン」や「しじみ」の成分が、アセトアルデヒドを害のない成分に変える働きをサポートしている可能性はあり、効果がまったくないとも言い切れません。

人によっては、二日酔いの予防や症状の軽減といった効果につながる可能性もあるため、摂取すること自体は無意味ではありません。このため、用法・用量を守って摂取することが大切です。

 

サイトマップ