サーチュイン遺伝子とNMN

サーチュイン遺伝子とNMN

サーチュイン遺伝子は「長寿遺伝子」とも「抗老化遺伝子」とも呼ばれ、その遺伝子が活性化される事により健康寿命が延び、アンチエイジに役立つとされる身体にとって最強の遺伝子です。

しかし、残念ながらこの遺伝子は普段、眠っていてOFFの状態になっており働いておりません。

このサーチュイン遺伝子を活性化することができれば、細胞内のエネルギー源を作り出すミトコンドリアが増え、細胞中の異常なタンパク質や古くなったミトコンドリアが削除されて新しく生まれ変わる作用が働きます。

サーチュイン遺伝子は飢餓やカロリー制限、ウォーキングなどの軽めの運動などによって活性化されると言われています。

すなわち、必要とされるカロリー摂取量の70%に抑える事でこの長寿遺伝子はONの状態になり身体に良い作用をもたらしてくれるのです。

この他、赤ワインに多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールによって活性化されるとも言われています。

ただし、赤ワインでレスベラトロールをとりサーチュイン遺伝子を活性化させる為には1日にボトル100本前後飲まなくてはなりません。

これでは肝臓がやられてしまいアンチエイジングどころではありません。

しかし、NMNを摂取すれば、体内で加齢によって減少する生体内物質(NAD+)へと変換されることで、サーチュイン遺伝子を活性化させて加齢の速度を遅らせると言われています。

 

サイトマップ