NMNの摂取年代と適正量は?

NMNの摂取年代と適正量は?

NMNの量が減少していない20〜30代の若い健康体の時にNMNを飲んでも特に大きな変化はありません。

40〜50代の老化現象を自覚するようになってから飲み始めても十分間に合いますし、70代の人でも、身体活動が高まるなどの効果が見られるため、高齢者が飲んでも老化制御効果が期待できるようです。

また、NMNは多く摂取しても効果が上がるわけではありません。なによりも、1日の適正摂取量を守りながら長く続けることが大切です。

ナイアシンの大量摂取は、肝臓障害を起こしたり、膵臓から分泌されるインスリンの効きが悪くなったりする副作用が出るので要注意です。

「日本人の食事摂取基準(2020版)」によると、成人のナイアシン(NMNはナイアシンの一種)の耐用上限量は1日250〜350mgまでと言われています。

また、近年は、東京大学や慶応大学でもヒト臨床試験が実施され始めており、それら試験の1日あたりの摂取量は100〜250mgだそうです。

それらを総合的に判断すると、一般的に1日あたり250mg程度の摂取が無理なく安心な摂取量ではないかと言われております。

その一方で、摂取量を増やした研究が多く行われおり、人体にとって250rより多い量を摂取することが可能なのか臨床が進んでおります。

 

サイトマップ