「成分分析資料」のない「NMNサプリ」は偽物?

「成分分析資料」のない「NMNサプリ」は偽物?

「NMNサプリ」を謳って成分量を明記していても、成分分析資料が公表されていない場合は、実際にはNMNが含まれていない可能性があります。

一般的に、サプリメント業界では、基本的に販売事業者は自社工場を保有していません。

99%近くの販売メーカーが、工場を持たないファブレスという業態を取っており、外部の製造受託工場に対して製造を依頼しております。

また、製造工場は原料を持っているわけではなく、原料メーカーから原料を調達し、この原料を混ぜ合わせて商品を作り販売事業者に納品をします。

すなわち、原料の品質について正しく把握しているのは、原料メーカーのみです。

このため、海外の原料メーカーの中には、NMNではないものをNMNとして販売する悪徳業者も存在することになります。

こうした業者が提供する偽物あるいは粗悪品のNMN原料は安いため、この原料を使用して製造したNMNサプリは圧倒的に原価を抑えて製造することができます。

NMNに注目が集まっている今日、NMN原料を提供する原料メーカーも爆発的に増えてきており、それだけ、偽物が販売されている可能性は大いにあります。

それを見破る方法が、成分分析資料なのです。これが添付されていない原料は、ほぼ、100%偽物と断言してよいでしょう。

自社の原料を適正価格で販売するためには、分析資料を添付する経済合理性があるからです。

成分の分析結果をサイト上などで公開しているかどうかは、NMNのサプリを購入するにあたってまず確認しなければならないことなのです。

 

サイトマップ