NMNが効力を発揮するために必要な4つの成分

NMNが効力を発揮するために必要な4つの成分

NMNは、体内で直接かつ効果的に NAD+に変換されます。

NAD+は、ミトコンドリアのエネルギー源で、DNAの修復、テロメラーゼの強化、幹細胞の活性化及び増強や補修に必要な補酵素です。

しかし、NAD+は、加齢に伴って減少し、40歳以降では、若い人の1/10にまで減少すると言われています。

長寿と若返りの期待値を達成するためには、NMNの他に4つの成分が必要となります。

■レスベラトロール

NMNの効果を加速及び増加させてサーチュイン1長寿遺伝子の活性化やミトコンドリア合成の促進とその活性化の促進を担っています。

NMNの効果を最大限に発揮するには、レスベラトロールを増加させる必要があります。

■L-カルニチン

細胞エネルギーをミトコンドリアに供給するためには、脂肪酸をL-カルニチンと組み合わせる必要があります。

L-カルニチンは、筋肉、精液、脳、心臓に分布しており、体内の3/4は食物摂取、残りは肝臓と腎臓から合成に由来しています。

■コエンザイムQ10

体力を効率よく高め、心血管系の保護、寿命を伸ばすことができます。

また、ミトコンドリアを促進してエネルギーを90%生成することができます。

抗酸化作用でもあり、ミトコンドリア内膜のタンパク質を保護し、過酸化による損傷からDNAを保護します。

全ての臓器に存在しますが、特に心臓がもっとも多くを占めています。

■NAC(N-アセチルシステイン)

過酸化物による細胞へのダメージを軽減するのに役立ちます。

 

サイトマップ